読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡な私が入社1年で会社を辞めるなんて。

会社を辞めてから自立するまでの日々

極力、苦労なんてするもんじゃないな

f:id:mkhg-018:20170521140312j:plain

最近、庭の草木が茂り、毎日のように虫を発見すると、暖かくなり生命が力強く輝く季節になったのだと気づく。周囲は日々変わっていく。じゃあ私は?

 

「成長」という言葉を、私は意識してきた。だって、「現状維持=衰退」と言うように、生命の歴史とは成長の連続であり、成長できなかった種は滅びている。生き物の本能なのか、私は成長しなければならないと思い続け、成長の為の努力をしてきたつもりだった。

 

スポーツ漫画に汗と涙はつきものだ。苦労なくして成長はないと、私は常に自分を追い込むことで自らを成長させてきた。でも最近になって、なんか違うなって気づいた。私は成長の為に自分を追い込んでいたのではない。ここまで追い込んだんだから、成長しているに違いないと、自分で自分を讃えたかったのだ。結果はどうであれ、自分は頑張ったのだから、という言い訳の為に、壮大な時間と労力をかけ苦労してきたのかなって思った。

 

確かに、自分を追い込むからこそ、最大限の力を発揮し成長につながることもあると思う。一方、私の追い込みは、自分で自分を苦労させて、そのことに陶酔してたのかなぁって思った。そして、ダメだったときの言い訳を常にストックしていたのだ。また、「2時まで残業だったよぉ」とか言いながら不幸自慢してた私って、追い込む→自分で自分を苦労させる→不幸自慢するを繰り返して、効率よく苦労を循環させてたなと、我ながら感心した。案外、不幸な原因は自分自身にあったのかもしれない。

 

これからは、自分を追い込んで苦労するより、いかに効率よく成長できるかということにエネルギーを注ぎたい。また、苦労って、自分の成長に繋がっているのか、いないのか冷静に判断しないと時間無駄だなって思う。苦労を循環させている間は、苦労している自分が中心で、どうしても客観的に自分を見ることが出来なかった。そうならない為に、自分はどう生きたいのかを明確にしておくべきで、その苦労の先に何を得るのかを冷静に判断し、時にはその苦労を自ら手放す勇気も必要なんじゃないかな。「途中で投げ出すなんて!」と叱咤されそうだが、苦労するのは他の誰でもない自分自身だ。どううすれば、この苦しみから抜け出せるのかを考え、行動する。

 

辛いこと、苦しいことってたくさんある。こんな私でも分かる。生きていけばこの先、避けては通れない苦労があるから、私はその時に耐え忍ぶ。その時に備える為に、日々、大好きな人や物に囲まれ、好きなことをして、幸せを感じながら私は生きていきたい。だから、極力、苦労なんてするもんじゃないないなって思う。

 

MAX68キロから62キロに減量した方法

f:id:mkhg-018:20170502215738j:image

私は入社してから10キロ太って、MAX68キロに達しました。Lサイズの服もギリギリになり、お腹もかなり出てきました。醜い容姿が恥ずかしくて、外出も億劫になりましたし、お洒落をしたところで綺麗に見えず、関心を失いました。このままではいけないと、私はダイエットをはじめました。今回は6キロの減量方法についてまとめます。まぁ、働いてないからこそできる減量方法かもしれません。笑

 

食事

低糖質を意識しました。完全な糖質のカットはリバウンドしそうなイメージだったし、あまりストイックすぎると長続きしそうになかったので辞めました。低糖質生活の為に具体的には、、

  • 晩御飯は、生野菜とタンパク質中心の食事。手のひらぐらいの量の肉類や、豆腐を意識して食べました
  • 朝は、ご飯味噌汁にする。私の経験上、ご飯粒を毎日しっかり食べてるとお通じが良い気がします。腸は第二の脳と言われ、腸内環境が良いとストレス耐性が強くなり、ダイエットによるストレスによる過食を防ぎます
  • カロリーは気にしないで、糖質を気にする
  • おやつを食べる。間食を辞めるとストレスが溜まりダイエットの継続が難しくなるので、一日に間食できる量を決め、小さなタッパーに入れて持ち運びました
  • 夜7時以降は食事しない

 

運動

私のダイエットの中で最も重要なのは運動です。基本的にダイエットにおける割合は、運動:食事=1:9と言われています。運動の消費カロリーは大した事ないと言われたりもします。けど、私は運動重視のダイエットを行なっています。その目的は減量ではなく、筋肉量の増加です。筋肉量を増やして基礎代謝を上げることを目指しています。また、筋トレ後は有酸素運動の効果がより発揮されるので、効率よく減量を行えます。

 

また、最近は、レスミルズプログラムのボディコンバットにはまり、かなり体を動かしています。ボディコンバットとは、格闘技の動きを組み合わせたエアロビクスのことで、毎日かなり息が上がります。汗も尋常じゃなく、床中に汗が飛び散ります。汚い。けど、パンチやキックを繰り返していると強くなった気になるし、かなりストレス発散になります。

 

今まで全く運動してなかったんです。でも体を動かしていると、本当に気持ちよくて、少しづつ体力もついてきて、こんな自分でもやればできるんだと自信にも繋がりました。きっと減量もうまくいくはずだと前向きになれました。だから、運動は私にとって、単に減量だけじゃなくて、ダイエットに必要なモチベーション維持に必要なものになりました。

 

その他

私は毎日、お風呂上がりに鏡で全身をチェックします。理想のボディラインをイメージしながらオイルを塗っています。あと、ダイエットのビフォーアフター画像をひたすら見てます。

 

無気力だった自分が、何かに取り組んでいる事が今は嬉しいです。たまに、甘いもの食べたくなったり、体重がなぜか増えてダイエットが楽しくないこともありますが、少しづつ結果が出るととても楽しいです。最終目標は50キロ。程よく筋肉や脂肪もあって、柔らかくて健康的な体が理想。今後もダイエットに関する記事を更新していきますね。

評価を気にしながら生きる苦しさ

f:id:mkhg-018:20170501015156j:image

今年に入って私の生活は大きく変わった。去年の私は、大きな渦の中で呼吸が出来ず、もがき苦しんでいた。その渦に飛び込むと決めたのは私だった。だから、逃げるなんて許されなかった。ここで窒息死するか、残りの体力を振り絞って陸まで逃げるか。このまま渦の中で過ごせば、体が適応して、私は偉大な進化を遂げたかもしれない。しかし、私はその状況から逃げて再び陸へ上がった。

 

今、私は海の近くで暮らしている。夕方頃に海岸沿いを散歩するのが日課だ。波の音を聞きながら、ただ砂浜を歩いていると、頭が空っぽになる。その空間には上も下もない。ようやく私は私に戻れた。今まで怖かったのだ。自分に自信が無かった。だから、頑張って頑張って頑張って、自分を良く見せようと努力した。他の人と私は違うことを証明したかった。また、自分らしく生きていることを証明したかった。証明するって誰に?良く見せるって誰に?この生き方って結局、周りからの評価ありきだと気づいた。

 

いつか人生は終わる。周りからの評価はあの世では意味を成さない。だから、周りの評価を気にするのは辞めた。私は今の自分が好きだ。無職だし、何にもないけど、この状況になってやっと気づくことができた。「周りの評価を気にしない。周りと比べて、自分を評価しない」シンプルだけど難しくて、また働き始めれば、評価の連続だと思う。だからこそ、評価されたり、することから意識的に離れよう。

 

評価を気にしたり、自分自身を評価することを辞めたら、目標も明確になってきた。今の私の目標は、自立すること。また働くことだ。私は、幼い時から働くことに強い憧れを持っていた。一度会社を辞めたらといって、諦めない。今までの目標設定って、他人の目を気にしていたと思う。聞こえが良くて、理想的な目標。でも、それって本当やりたいことなの?って心のどこかで思ってた。目標が自立することって少し恥ずかしいけど、これが本音。自分の力で生活したい。そこには自由があるから。また、自立することで助けて貰った人達に恩返しがしたいから。これからどうなるのかワクワクする。地に足を付けて、自分のペースで進んでいこう。

 

 

迷うな

f:id:mkhg-018:20170320174252j:plain

 

数週間、色々な大きな変化があった。

前向きになる時もあれば、急にすべてが無くなることに恐怖を感じた時もあった。

 

未来が見えなくて迷っているけど、今大切にしたい感情がある。

「これをしている自分が好き。だから、やろう」

 

将来役に立つから。世間体がいいから。みんなと同じだから。

周りが勧めるから。穏便に済ませたいから。こうするのが正しいから。

私は、これらの基準で物事を判断していた。

こうやって未来を選択した結果が、今の私だ。

24歳で無職。おまけに、人と話すことも怖くて出来なくなった。

 

もう考えるの辞めたい。この先がどうなるなんて気にしたくない。

なら、そうしよう。

自分の性格すぐに変えるなんて簡単ではないが。

生きるために邪魔な思考は捨ててしまえ。

また必要になったとき、その時考え直そう。

だから、いまの私はあれこれ考えるのを辞める。

 

時間は無限にある。だって無職なんだから。

誰にも拘束されていないのに、なぜ自分で自分を追い詰める必要があるのか。

私は、もう、自分が好きだと思える様に生きる。

理想を並べてるだけじゃ生きていけない。大切なのは我慢、忍耐だ。

そう思うやつは勝手にやってろ。

私は好きだと思える事をやっていく。

これは、私自身に向けた決意表明だ。

不幸自慢しながら地獄へ引きずり込もうとしているやつなんて置いてゆけ。

私は自由だ。なんだってやってみせるさ。

広告を非表示にする

思い描いた未来通りになんてならない

f:id:mkhg-018:20170227105240p:plain

こんばんわ。みーちゃんマンです。まぁ、私のブログなんて誰も見てないので、日々のアクセス数なんて1桁台ですよ。なのに、今日は2桁だったんです。そしたら、私が購読している、だら子さんのブログで紹介して頂いてたんです。ありがとうございました。

ほんと嬉しくて、モチベーションに繋がりました!昨日の私には予期していない事でした。それで、今回は、自分の未来について思いを馳せてみました。

 

入社1年未満で社会人辞めるなんて想定にない 

人生って、いい意味でも悪い意味でも、思った通りにならない。そんな事分かってても、まあ、人生は多少の困難があっても普通に終わっていくと思っていた。普通に就職して、新人らしい苦労を味わって、2年目、3年目と経験を積んで、結婚して、出産して、復帰する、、。そう思っていた。まさか、 新卒で入った会社を1年未満でドロップアウトするなんてね。3年未満で辞める奴は根性ないなって学生のとき思ってたもん。その私が辞めるなんてね。

 

将来への不安はある。それに、職なしで、外見の醜い自分が恥ずかしい。この1年間、頑張ってきた。なんで私だけ??って思うことが何度もあった。ここで耐えることが、私の成長に繋がるんだと、頑張ってきた。ある日、頭の名で、チョークが折れた様なパキッーンという音がした。限界だった。消えたいと毎日思った。その環境から離れた今、あれは夢だったのかと不思議な感覚になる。この1年間に対して、いい経験ができたなんてまだ思えない。私は新卒カードを切って、その会社に入ったのだ。こんな未来が待っているなんて。

 

選択を間違えたらゲームオーバーで即終了なのか

入社を決めたのはほかの誰でもない私だ。人生は選択の連続。不幸になりたいと思う人は、数少なく、私たちは、数ある選択肢の中から、吟味して一つを選ぶ。その選択の末

続きを読む

新しい私に出会う為に

f:id:mkhg-018:20170225231630j:image

こんばんわ。みーちゃんマンです。今、私は病気療養の為に休職中です。都会に出たものの、今は田舎に戻っています。体重も67キロになり、地元の知り合いや、近所の方にに会うのが恥ずかしく、隠れながら過ごしています。高校生の時の私は、24歳の自分はもっと輝いていると思っていた。こんな未来想像していなかった。私は今の自分が嫌いだ。自分で自分が恥ずかしくて誰にも会えない。だから、変わるのだ。ここで変わらなければ、もう変わるチャンスは来ない。今回は、新しい私に変わる為に、色々と考えます。

今の私の何がいけないの?

変わりたいと思うということは、現状に不満があるから。問題点が分からなければ、改善できません。まずは、現状に対する不満を書き出してみました。

  1. デブであること
  2. 無職(休職中)であること
  3. 実家に戻った為、出戻りしたと周囲に思われること
  4. 肌が汚いこと
  5. 洋服がダサいこと
  6. 周りに休職を隠していること
  7. 働いていないこと
  8. 上手く話せないこと
  9. スキルがないこと
  10. 次の職でやりたいことがはっきりしないこと
  11. 将来が見えず不安なこと
  12. お金がないこと
  13. 彼氏と遠距離なこと
  14. 親のスネをかじっていること
  15. 住む家がなくなること
  16. 会社との間に、いざこざがあること

理想の姿は?

先程の挙げた、不満点の中から特に

  • 容姿に関するもの
  • 仕事について

この2つを解消すれば多くの不満が無くなると思いました。容姿については、現在進行中でダイエットに励んでいます。仕事については、どうしたらいいのか全く見当もつきません。今の会社もどうするべきか分からないし、辞めたとして、次の仕事もどうすればいいのか分かりません。でも、最後は自分で答えを見つけないといけない。今後は、働き方についての記事を書きつつ、考えていきます。

今の自分にもいい所はある

問題だらけの私だけど、私は私が嫌いじゃない。この一年、苦しかった。頑張ってきたけど、ある日すべてが崩れていって、会社に行けなくなった。働く事は私の夢だった。夢を追いかけるほどに絶望し、逃げれば苦しくなる。そして気づけば、私は自分が恥ずかしくなっていた。そんな私にも、誇れる部分や、救いはある。それは、理想を追いかける事を諦めない所。「こんなものだろう」と思って、日々を無心で過ごしたくない。私は自分に嘘はつきたくない。そんな生き方絶対に後悔する。心の底から納得できる生き方を、私は諦めない。流される人を沢山見てきた。私の事を見て、コイツはもう無理だって思っている人間もいるだろう。私は絶対に、理想の生き方を実現させる。希望は皆平等に与えられ、何度でもやり直せると信じていたいから。

角質オフでお手入れの効果UP

f:id:mkhg-018:20170213225927p:plain

こんばんわ。みーちゃんマンです。今日はデパートコスメを漁りに行ってきました。節約中なので、見るだけです。デパートコスメは女の永遠の憧れ。簡単に手に入らない、高貴な存在。高いお金を払えば手に入るが、それが似合うかどうかは、その女のレベルが試される。今の私は、デパコスを買うにはまだまだ女として未熟です。でも、だからと言って、デパコスから遠ざかる必要はなく、積極的に売り場に足を運び、新商品をチャックすることで美容情報のストックが増えますし、憧れの商品を見つけることで、その商品が似合う女になろうとモチベーションが高まります。そして、なにより重要なのが、BAさんにタッチアップをして頂くことです。今回は、クリニークで拭き取りローションのタッチアップをして頂いたので、そのことについて書きます。

肌は女の品格を表す

睡眠・運動・食事・スキンケアなど、美しい肌を作るのに必要な要素は様々あります。これらをすべて行う為には、継続力が必要です。忙しさを理由に私は出来ていませんでした。日々、見えない努力を行う心の強さは、些細なことでは揺るがない強い肌をつくります。逆に、水分が抜けたガサガサの肌は、その人がお手入れをしていない、ガサツな女性だということです。

クリニークの拭き取りローション

f:id:mkhg-018:20170224232443j:image

私は、朝・晩に雪肌精の化粧水、乳液、クリームを使用していますが、肌のざらつきと、オイリーと乾燥の混合肌に悩まされていました。そんな私に、BAさんが勧めて下さったのが拭き取りローションでした。

変化へ、一歩。”ふき取り美容”をはじめよう。 | クリニーク公式 オンラインショップ

私の肌の悩みを解決する為には以下の2点が必要だとBAさんに教えて頂きました。

続きを読む