平凡な私が入社1年で会社を辞めるなんて。

会社を辞めてから自立するまでの日々

堕落した休日の過ごし方5選

f:id:mkhg-018:20170218010825p:plain

おはよう。貴重な休日をどう過ごすか、休日の度に考えるけど、結局は何もできないまま時間が過ぎるって人が多いのでは?それなら、最初から堕落した休日を過ごして、日頃の疲れを癒しましょう!そんな事できないと悩んでいる真面目人間に、堕落した休日の過ごし方を紹介します。

映画が好きな人向け

▼用意するもの

DVD ケンタッキー・フライド・チキン

映画は4作ほど借りましょう。その中の1作は、普段借りないタイプの作品にすると、新たな発見を得ることができ、堕落した休日の中に、価値を見出すことができます。映画を見ながら、ケンタッキーをお腹いっぱい頬張り、炭酸で喉にまとわりつく油を流したら、これぞ至福のひと時。

スマホいじりでいつも時間が経つ人向け

▼用意するもの

スマートフォン 1日分の食料

休日に外出すれば、お金がかかりますが、スマートフォンがあれば、タダで何時間でも

続きを読む

退職して実家へ帰る人へ。普通の人生ならこの経験はできない

 

f:id:mkhg-018:20170218002116p:plain

こんばんは、みーちゃんマンです。突然だけど、今住んでいる街は好きですか?私は大好き。田舎で育った私は、絶対に街へ出たかった。そこで、おしゃれな部屋に住むことが夢だった。数年後夢を叶えた少女は都会へ行き、第一歩を踏み出したものの、無残にも、1年経たずに、田舎に帰ることになりました。

 

明後日には、田舎での生活が始まる。私は仕事も愛も手に入れたいと思い都会へ出た。愛は手に入れた。けど、仕事は自ら手放してしまった。都会での暮らしはお金がかかる。私は、彼氏を置いて実家に帰ることにした。社会人にもなって、親のスネをかじりながら生活をする。両親には申し訳ない気持ちで一杯だ。こんな自分が恥ずかしく、本当に嫌である。世の中には、夢に破れて、退散した人はどれぐらいいるのだろうか。その人達は再び、都会へ戻ることはできたのだろうか。それとも、そのまま田舎での暮らしを始め、その地で幸せを見つけるのか。

 

私は、必ず田舎を出て、もう一度都会で働く。一度の挫折で諦めたくない。私が諦めてしまったら、夢は二度と叶わないのだ。どんなに恥ずかしくても、挫けてはいけない。田舎に戻るからこそ、その場所でできることを探して、自分を成長させたい。普通に社会人として生きていたらできない事を私は経験するのだかたら、悔いのない日々を過ごす為に、田舎に帰るからこそできることをまとめてみた。

 

親孝行をする

私は大学進学の際に実家を出て、親に対して強い感謝の気持ちを持つことができた。また、今まで実家で親と毎日暮らしていて、当然だと思っていた日々が突然終わり、その頃をとても懐かしく思うことが時々あった。無期限で実家に帰る為、思う存分親孝行ができる。加えて、いい年して、無職で実家に居るのだから、家事を行い肉体労働でお返しをしなければならない。具体的に私が実家で両親の為に行うことを書き出した。

  • 毎日の掃除(掃除機、雑巾がけ)
  • 食器洗い
  • 洗濯物
  • 洗面台の水垢を取る
  • 料理を振る舞う 続きを読む

どう生きるべきなのか?

f:id:mkhg-018:20170215161020j:image

 

こんちには。みーちゃんマンです。

私は頭の中がグチャグチャになると、公園へ行きます。公園で売っているホットドッグを食べながら、一人で歩いていると、自分がどう行動したいのかが、少しづつはっきりして、悩みが軽くなります。

 

自分はどう行きたいのか、最近はその事をよく考えます。今までの私は、就職して、結婚して、出産して、子育てしつつ仕事を続けることが夢でした。私は、働く為に生きているのではなく、生きる為に働きたいと思い続けていました。でも、現実は違いました。あんなにも、働くことを楽しみにしていたのに、毎日が苦しく、でも、苦しい事を認めてしまうと、現在演じている理想のライフスタイルが崩れてしまうのではないかと恐れて、「やりがい」と「夢」とい言葉で自分自身を固めていました。田舎から都会へ出てきて、オシャレな家に住み、大きな会社で、ばっちりファッションをキメて、スキルを磨いて、周りからも信頼されながら仕事にやりがいを感じつつ、プライベートも充実させる。現実は、上手くは行かないものですね。運が悪かったのでしょうか。もっと、我慢すべきだったのでしょうか。現実の私は、オシャレな家に住んでも、家でくつろぐ時間はなく、家に居ても会社の事ばかりを考え、辛く苦しい日々。ストレスで体重は10キロ太り、服はユニクロで購入。そもそも服を買う時間も気力もありませんでした。プライベートも週に1日しかない休みは、常に疲れて寝てばかりでした。何の為に生きているのか。この苦痛に耐えながら、みんな生きているのか。そんなことばかり考えていました。

 

体調を崩した私は、現在休職中です。毎日、これからどう生きていきたいのかを考えます。 いまの、私にはお金がありません。実家に帰るしかないのです。社会人にもなって、自立すらできなくて恥ずかしくなります。親は私にお見合いをさせ、出産させ、専業主婦になって貰いたいと考えでいます。これも娘の為を思ってのことだと思いますが、こんな人生絶対に嫌です。親のスネをかじっている身分で、自分らしく生きたいなんてふざけていますが。どんな逆境でも、恥ずかしくても、自分らしく、私の意思で生きなければならない。幸せが保証されている行き方なんてないから。それなら、人生を自分で選択して、今を一生懸命に輝かせたい。

 

私の今の夢は、自立すること。自力で稼ぐこと。またブラックなんじゃないかと不安にもなる。でも恐れていたら、何もできない。私らしく、前を見て歩いていきたい。

 

やりたいことリスト

f:id:mkhg-018:20170213203840p:plain

こんにちは、みーちゃんマンです。

やりたいことって沢山あるよね。時間が無くて実行に移せないけど、いざ、時間を与えられたところで、寝ながら携帯いじって無駄に時間が過ぎるだけ。それって、やりたいと思うことはあるけど、いざとなると何をしたらいいのかが分からないから、時間を無駄にしているパターンが多いと思う。気づけば歳を取って、「時間が無い!!」と言って更に騒いでいるかもしれない。事前にやりたいことをリストアップして、人生を今まで以上に充実させちゃおう!ということで、私のやりたいことリストを作ってみました。

 

  1. ランニング・筋トレを始めて習慣にする
  2. 一人でローカル線に乗って、夕日を見に行く
  3. 簿記の勉強をする
  4. マッサージを受ける
  5. ネイルをする
  6. リトルブラックドレスを買う 続きを読む

退社は神様が与えたチャンス?

f:id:mkhg-018:20170211222229j:plain

1年未満で会社を辞めたいと思っている、みーちゃんマンです。最近は、いろいろな事を考えたり、他人や運命を呪ってしまうことがあります。そんな私が、会社を辞めようと思うことについて少しだけポジティブに考えてみました。

 

入社前の私は、終身雇用制が崩壊した現代で、その働きかたこそが安定だと思い、必死にホワイトな会社を選び就職したので、今の会社で定年まで働くと信じて疑いませんでした。キャリアウーマンになることが憧れで、働くことを楽しみにしていました。120時間労働で、残業代は4万円。パワハラの嵐と、仕事のみが生きがいだと信じてやまない先輩に囲まれ、私もその考えについていこうと必死でした。でも、染まれなかった。私は先輩社員のように考えることができなかったのです。

 

私は、先輩社員の生き方を否定するつもりはありません。ただ、私は、その価値観に共感が出来なかった。自分は弱い人間だと自分を責めてしまう事もありますが、今回は別の視点で考えます。ただ、会社に居る人の価値観と、私の価値観が極端に合わなかっただけなのだと。その事実があるだけなのです。悪いとか、弱いとか、間違えているなんて評価をすること自体、意味のないことであって、だたその事実が存在するだけ。

 

会社を辞めることを後悔してしまう自分がいるなら、もう少し頑張ればいい。私には、後悔はなかった。この先の不安はある。不安しかない。けど、私は真っ白になれた。これは、会社を辞めた人にしか与えらない。新しい私と出会うチャンスを与えられたのだ。辞めようと思わなければ、今の会社での生活が続く。辞めたいと思いながら、今の会社に勤め続けた10年後の私は、果たして幸せなのか。もっと輝きたい。自分らしく、私がわたしという人間のままで働きたい。それを叶えられるのは、他の誰でもない私自身なのだから。

 

新卒で入社した会社を辞めることに、リスクが伴うかもしれない。いや、リスクしかないかも。それでも、迷っていた頃の私よりも、退社を選ぼうとしている私の方が好き。1ヶ月後の私は何をしているのだろう。新しい私に出会える大きなチャンスを手に入れた私。私は、必ずもう一度就職します。新卒で入社した会社が合わなかったからと言って、諦めたりしない。

 

私は、今まで順風満帆な人生を送ってきました。少し、レールから外れてみるのもいいのかもしれない。もう、真面目なのは辞めた。簡単に破天荒にはなれないけど、私の歩幅で、自由に未来を描いていく。これから、どうなるか分からないけど、このブログで形づくることができたらいいな。

1年で10キロ太った私の減量計画とその他の問題点

f:id:mkhg-018:20170211160339j:plain

私、入社して1年で10キロ太ったんです。ストレスを食で解消してました。ストレスで太って、周りからは「元気そうだね」とか言われるから、無理やり明るく振る舞うしかないです。このままでは、一生デブ!ダイエット始めます!あと、私の女ゲージが低くなり過ぎているんで、改善すべき点を挙げていきます。今後は、一つづつ解決していきます。

 

①10キロ太った 

私の華麗なる増量劇をご覧ください。

高校時代 45キロ

大学1年       50キロ

大学2年       52キロ

大学3,4年  54キロ~56キロ

入社1年      67キロ(2017年2月11日現在)

私は、5年間で22キロ太ったんですね!!!!びっくり!自分すごいな。。

ダイエットには具体的な目標値が必要ですよね。私の目標は、半年で12キロ減量!

2月11日 67キロ → 8月11日 55キロ

1ヶ月2キロ減量します。

②ムダ毛処理してない

冬だし、誰にも見られないしタイツ履けば、とりあえず間違いない。って、こりゃいかんですよね。

続きを読む

会社での1日

f:id:mkhg-018:20170211015151j:plain

会社を辞めたくて仕方のない、みーちゃんマンです。一応、会社では普通に会社人らしく振舞ってます。

クッソだりーー。

なんだこいつ、サイコパスか!?

あああああああーーあああああああああああああああああ、!!!!

って考えながら仕事してます。パワハラに耐えつつ、時々、メンタル崩壊して、トイレに籠りつつも仕事してます。そんな、私のキラキラOLライフを紹介します!

 

8:56 出勤

ギリギリに出勤します。最初は、仕事のできる人は早朝出勤をしているイメージだったので、真似をして、45分前に出勤してましたが、どんなに効率化しても、仕事が片付けば次の仕事振られて、結局帰る時間同じでしたので、やめました。

 

10:30 おなかが鳴る

続きを読む
広告を非表示にする