読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡な私が入社1年で会社を辞めるなんて。

入社1年目(23才)の私が理想と現実に悩みながらも、自分らしく生きる為、理想を追い求める奮闘記。

堕落した休日の過ごし方5選

f:id:mkhg-018:20170218010825p:plain

おはよう。貴重な休日をどう過ごすか、休日の度に考えるけど、結局は何もできないまま時間が過ぎるって人が多いのでは?それなら、最初から堕落した休日を過ごして、日頃の疲れを癒しましょう!そんな事できないと悩んでいる真面目人間に、堕落した休日の過ごし方を紹介します。

映画が好きな人向け

▼用意するもの

DVD ケンタッキー・フライド・チキン

映画は4作ほど借りましょう。その中の1作は、普段借りないタイプの作品にすると、新たな発見を得ることができ、堕落した休日の中に、価値を見出すことができます。映画を見ながら、ケンタッキーをお腹いっぱい頬張り、炭酸で喉にまとわりつく油を流したら、これぞ至福のひと時。

スマホいじりでいつも時間が経つ人向け

▼用意するもの

スマートフォン 1日分の食料

休日に外出すれば、お金がかかりますが、スマートフォンがあれば、タダで何時間でも

時間を潰せますよね。スマートフォンをいじっているだけで、気が付けば時間が経っていて、時間を無駄にしていまった罪悪感でいっぱいになることがあります。それなら、とことん家に籠って1日中スマートフォンイジイジしましょう。家から一歩も出なくていいように、前日に1日分の食料も確保しておきましょう。食料は、欲望の赴くままに、食べたいと思ったものだけを買います。私は、日ごろ節約の為にコンビニは利用しませんが、こーゆう日は、コンビニで食べたい物をカゴの中にポンポン入れていきます。これが快感なんですよね。暖かい部屋でスマートフォンをいじって、好きなものを食べて、眠い時寝る。考えただけで、幸せ。

自然が好きな人向け

▼用意するもの

小銭 外出する気力

私は、晴れた日に公園のベンチに座って、ボーとしたり、散歩したりするのが大好きです。考えでゴチャゴチャしている頭が、思考停止状態になり、自然と落ち着きと取り戻すことができます。自然に触れることで、目には見えないパワーが体から漲る気がするのです。沢山の物・人に囲まれて、それらを意識しながら生きていると、自分を見失うことがある。だからこそ意識的に、色々な物を削ぎ落して、素のままの自分に戻る必要がある。暖かいカフェラテを飲みながら、何も考えず、今そこにある幸せを受け入れる。お腹が減ったら、ワゴンでホットドック買い、空腹を満たす。こうして、夕日が沈み、気持ちが軽くなると、再びワンルームの自分の家へと帰っていく。私という人生を精一杯生きていく為に。