読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平凡な私が入社1年で会社を辞めるなんて。

会社を辞めてから自立するまでの日々

思い描いた未来通りになんてならない

f:id:mkhg-018:20170227105240p:plain

こんばんわ。みーちゃんマンです。まぁ、私のブログなんて誰も見てないので、日々のアクセス数なんて1桁台ですよ。なのに、今日は2桁だったんです。そしたら、私が購読している、だら子さんのブログで紹介して頂いてたんです。ありがとうございました。

ほんと嬉しくて、モチベーションに繋がりました!昨日の私には予期していない事でした。それで、今回は、自分の未来について思いを馳せてみました。

 

入社1年未満で社会人辞めるなんて想定にない 

人生って、いい意味でも悪い意味でも、思った通りにならない。そんな事分かってても、まあ、人生は多少の困難があっても普通に終わっていくと思っていた。普通に就職して、新人らしい苦労を味わって、2年目、3年目と経験を積んで、結婚して、出産して、復帰する、、。そう思っていた。まさか、 新卒で入った会社を1年未満でドロップアウトするなんてね。3年未満で辞める奴は根性ないなって学生のとき思ってたもん。その私が辞めるなんてね。

 

将来への不安はある。それに、職なしで、外見の醜い自分が恥ずかしい。この1年間、頑張ってきた。なんで私だけ??って思うことが何度もあった。ここで耐えることが、私の成長に繋がるんだと、頑張ってきた。ある日、頭の名で、チョークが折れた様なパキッーンという音がした。限界だった。消えたいと毎日思った。その環境から離れた今、あれは夢だったのかと不思議な感覚になる。この1年間に対して、いい経験ができたなんてまだ思えない。私は新卒カードを切って、その会社に入ったのだ。こんな未来が待っているなんて。

 

選択を間違えたらゲームオーバーで即終了なのか

入社を決めたのはほかの誰でもない私だ。人生は選択の連続。不幸になりたいと思う人は、数少なく、私たちは、数ある選択肢の中から、吟味して一つを選ぶ。その選択の末

路を後々知ることとなる。就活生だった私は、俗にいう、意識高い系で、ネタになるぐらい就活を頑張った。その頃の私が、今の私を見たらどう思うだろう。失望するだろうか。就活生だった頃の私の努力は無駄だったのか。社会人として頑張った1年間は無駄だったのか。「無駄じゃなかった。」そう言える日が来ると私は信じている。

 

私は大学2年の時、大恋愛をした。自分で大恋愛なんていうのは少々ダサいが。。。初めて出来た彼氏だった。端正な顔立ちで、子供っぽいところがあって、私は彼が大好きだった。色々あって、すぐに同棲し始めた。彼は自由な人で、クリスマスや誕生日だって、自分のスケジュールを優先させていた。私は一緒に過ごしたくて、次第に衝突することが多くなった。ある日彼に距離を置きたいと言われた。彼には、別に好きな人ができていた。私は、どんな困難があっても最後には一緒になれると思っていたし、何があっても彼の事が好きだった。彼と別れた1年後、今の彼氏と出会った。彼と別れなければ、今の彼氏に出会うことはなかった。今の彼氏に出会えたことは、私が唯一誇りを持って自慢できることだ。だから、人生なんてどうなるか分からない。現状維持が本当に幸せなのか。不幸と思った出来事が、後々大きな幸運に変わることもあると私は知っている。

 

理想通りの人生なんてない。でも、こんなもんかって、人生に対して割り切りたくない。人生の選択肢は何通りもあり、それを選択するのは他の誰でもない、自分自身なのだから。